2017年12月13日

『ウィッチャー』ドラマ版にネトフリ「デアデビル」「ザ・ディフェンダーズ」脚本家が参加

Netflixにてオリジナルコンテンツとして配信予定の、人気ファンタジー小説及びRPG『ウィッチャー(The Witcher)』ドラマ版。同作に脚本家Lauren Schmidt Hissrich氏が参加することが海外メディアVarietyによって報じられています。

Lauren Schmidt Hissrich氏は、同じくNetflixオリジナルコンテンツとして配信中の、マーベルコミックス原作作品「デアデビル」「ザ・ディフェンダーズ」を担当している脚本家。『ウィッチャー』ドラマ版についての詳しい内容は未だ明らかになっていませんが、原作者Andrzej Sapkowski氏も監修として参加することになっており、より原作に沿った物語が展開することになるのかも知れません。

娯楽活劇としてだけでなく“大人向け”ファンタジーとしての色も強い『ウィッチャー』。どのようなドラマとなるのか、楽しみなユーザーも多いのではないでしょうか。


同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 『ハッピーダンジョン』大型アップデートの配信日が決定!―Twitter連動キャンペーンもスタート (2017-11-24 13:21)
 『オーバーウォッチ』XB1X版4K画質サポートを検討ーBlizzardが海外メディアに回答 (2017-11-17 13:06)
 PLAYISMの「デジゲー博2017」出展情報が公開 (2017-11-11 13:33)
 【特集・アンケート】 (2017-11-05 19:13)
 Ubisoftがシリーズ最新作『Far Cry Primal』発表、石器時代が舞台!【UPDATE】 (2017-11-02 11:18)
 パリ同時多発テロ犠牲者を悼み『FFXIV』などMMOプレイヤーがサーバーに集結 (2017-10-26 15:39)

Posted by kuikoliu at 13:32│Comments(0)ゲーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。